葉酸はいつまで飲むべき?正しい葉酸サプリ基礎知識

葉酸サプリの成分を見極めよう

葉酸サプリといってもなかみは葉酸だけに限りません。

 

多種多様な栄養をふんだんに盛り込みつつ個性を打ち出しているものが大半です。

 

とくに妊活中や妊娠中に利用されるケースの多い葉酸サプリは体に優しい成分で構成されており、なおかつ赤ちゃんに悪影響のないものを選びぬきたいところです。

 

しかし、成分表をいざ見てみるとどの成分が問題ないものなのか素人には判断がつきにくいのも事実です。

 

そこで僭越ながら少し成分で問題ないものをお伝えいたします。

 

まずご紹介するのはステアリン酸Caです。

 

なんとなく化学式のようなイメージを抱くかもしれませんが、要するにカルシウムみたいなものだと考えて差し支え無いでしょう。

 

カルシウムは大切な栄養素で知られているので改めて説明するつもりもないのですが、要するにステアリン酸Caがカルシウムだとするならばむしろ摂ったほうがいいといえます。

 

続いてはパントテン酸Caです。

 

これはビタミンB群の仲間なのでこれも仰々しい名前ですが問題はないと考えて差し支えはないでしょう。

 

これもまたカルシウムが配合されているため、栄養としては優秀だと考えても良さそうです。

 

仰々しい名前が勘違いを生みやすいですが、意外といいものが多いです。

 

妊娠中に必要な量の葉酸を摂取できる葉酸サプリ

 

赤ちゃんが元気に育って欲しいというのはすべての妊婦さんの願いでしょう。

 

そのためには普段よりも食生活に気を付ける必要があります。

 

胎児の発育にはいろいろな栄養素が必要であり、妊娠中はより多くの量が必要とされる栄養素もあるからです。

 

妊娠中に不可欠な栄養素の一つが「葉酸」。

 

葉酸には胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減するといった効果などが指摘されています。

 

このため近年では妊娠を予定する女性に対し、葉酸を積極的に摂取することが勧められているのです。

 

妊娠中に必要な量の葉酸を手軽に摂取できるのが葉酸サプリ。

 

葉酸はほうれん草や春菊、レタスなどの葉物野菜を食べることでも摂取できますが、葉酸は調理によって失われやすいため、サプリで摂取する方が確実です。

 

葉酸を摂取するのに効果的な時期は妊娠前から妊娠初期。

 

これは先天異常の多くが妊娠十週程までに発生するためです。

 

そろそろ子供が欲しいと考えている女性は、妊娠してからではなく妊娠前から葉酸サプリを摂るのが望ましいです。

 

妊娠中は葉酸の他にも多くの栄養素が必要とされます。

 

こうしたあれこれの栄養素を食事だけで摂るのは大変なもの。

 

葉酸サプリは妊娠期に必要な葉酸を確実に摂取できる、妊婦さんにとっての強い味方なのです。

 

キウイよりも葉酸サプリの方がメリットが大きな理由

 

妊婦の方々は、しばしば酸っぱいものを求めています。

 

その選択肢の1つが、キウイなのですね。

 

あの甘酸っぱい果物は、実は妊婦の方に対して一定の効果が見込めるのです。

 

そもそも注意の中には、実は葉酸などが豊富に含まれているのですね。

 

そして妊婦の方々にとっては、葉酸という栄養素が非常に重要なポイントになります。

 

それを積極摂取しているか否かで、安産になるかどうかも変わってくる事が多いのです。

 

ですので妊婦の方々はキウイを摂取している事も多いですが、残念ながらそれで飽きてしまっている方も見られます。

 

確かに毎日のようにキウイばかりを食べるのも、ちょっと大変ですね。

 

ところで妊婦の方々は、葉酸サプリを摂取している事も多々あります。

 

そのサプリの場合は、1つの食品だけを摂取する事もありません。

 

普段通りの食生活を続けていながらも、葉酸サプリを摂取する事により、妊娠の為に必要な栄養素を確保できる訳ですね。

 

まして葉酸サプリを摂取していれば、少なくとも毎日のようにキウイを食べる必要もありません。

 

それだけ妊娠の労力も少なくなる訳です。

 

毎日同じ食材ばかり食べるのも大変ですし、無理せずに葉酸サプリで妊活を進めるのが良いと思います。