原材料と添加物で選ぶ葉酸サプリ

原材料と添加物で選ぶ葉酸サプリ

妊婦の方は日々食生活には気を使っている事でしょうが、普通に一日三食の健康的な食事を食べていても、葉酸が不足してしまうことがあります。

 

妊娠中には普段の二倍のも葉酸が必要となるので、中々食事からだけで基準値を満たすことは難しいので、多くの妊婦の方は葉酸サプリなどを利用して葉酸を摂取しています。

 

葉酸サプリは不足しがちな葉酸を効率的に摂取するという分には非常に便利なものなのですが、特に口にするものには気をつけなければならない時期なので、選び方が重要になります。

 

葉酸の含有量や国産と外国産など様々な基準がありますが、原材料も添加物も重要な項目です。

 

赤ちゃんのために添加物の含まれる食品やサプリメントの摂取を避けている方も多いですが、妊婦の方向けのこうした葉酸サプリでも残念ながら添加物が含まれているものも存在します。

 

もちろん普通の健康食品よりも厳しい基準で作られていることが多い葉酸サプリなので、基本的には安心して摂取出来るのですが、やはり添加物や原材料は気になるものです。

 

そのため葉酸サプリを選ぶ際には、こうした添加物が入っていない無添加のものを選ぶという基準をおすすめします。

 

多少価格は高くなってしまいますが、妊娠中の短期間のみ服用するものなので、ぜひ妥協せずに赤ちゃんのためにも最良の葉酸サプリをお選び下さい。

 

妊娠中に葉酸サプリを飲む理由

 

葉酸は、日ごろの生活の上でも非常に大切な栄養素だと言われています。

 

しかし、それが妊婦にともなると倍以上の摂取量が必要となり、到底、日々の食事のみでは摂取する事が難しくなってきます。

 

そんな時に便利なのが葉酸サプリ。

 

多くの葉酸サプリには、妊婦に必要な1日の葉酸摂取量400ugが配合されており、効率よく葉酸を摂取する事ができるようになっているのです。

 

妊婦にとって貧血予防をはじめとし、流産への危険の回避、早産への回避を行う事ができる葉酸。

 

その他、胎児の成長においても非常に大切な役割を示す栄養素と言われています。

 

特に妊娠前から妊娠3ヶ月の間、胎児はお腹の中で大切な成長を行っておきます。

 

そんな時に葉酸が不足してしまう事で、胎児の成長に大きな悪影響を与えるとも言われています。

 

もちろん、妊娠全期に渡り葉酸は必要な栄養素になってきますが、特にこの時期は葉酸の摂取に積極的になる事が重要です。

 

その為には、はっきり摂取量を確認する事ができる葉酸サプリを飲む事で一日に必要な葉酸の摂取量も把握する事ができ、安心して妊娠生活を送る事ができるかと思います。

 

葉酸の場合、葉物野菜などだけでは、必要摂取分を摂取する事が難しい事から、多くの妊婦が葉酸サプリを利用していると言えるのです。